圧倒的勃起持続!シアリス!

圧倒的勃起持続!シアリス!

シアリスの有効成分はタダラフィルでPDE5阻害薬です。
勃起するには血管を拡張させる働きをもつcGMPという成分が必要です。
ですが、このcGMPを壊してしまうPDE5という酵素があります。
PDE5の働きが強くなってしまうと血管が拡張されなくなり勃起しにくくなります。
これが勃起不全の原因です。
PDE5阻害薬は、PDE5の働きを阻害してくれるので自然な勃起を促してくれます。

有効成分のタダラフィルはゆるやかに吸収されるので、効果が長く続きます。
持続時間は10mgで24時間から30時間程度、20mgで30時間から36時間程度と圧倒的なので人気が高いです。
ですので、シアリスは早めに服用しても全く問題ありません。
24時間ぐらい間隔を空ければ前に服用したシアリスの効果が続いていても服用できます。
服用するタイミングは性行為をする3時間前が理想的です。

食事の影響はほとんど受けませんが、できるだけ空腹時に服用するのがいいです。
アルコールは少量なら問題ありません。
少量のアルコールを飲めばリラックスできますが、飲みすぎないように気を付けましょう。
食事やアルコールの影響は受けにくいですが、グレープフルーツには注意が必要です。
グレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分によって悪い影響が出る可能性があります。

シアリスを服用する時は自分の判断で勝手に1度に2錠以上服用したり服用する間隔を短くしたりしてはいけません。
服用方法を守らないと副作用がひどくなる場合があります。

シアリスは遅効性の薬なので副作用が出にくいです。
ですが、全く出ないというわけではありません。
副作用では頭痛やほてり、消化不良などが報告されています。
また、シアリスを服用できない人がいるので注意が必要です。
シアリスの成分に対して過敏に反応してしまう人や硝酸剤や一酸化窒素供与剤などの併用禁忌薬を服用している人などは使用してはいけません。
病気で薬を服用している人は必ず医師に併用しても問題ないか確認してください。

シアリスのジェネリック、スーパーでタダライズ

シアリスには、インドで作られる有名なジェネリック医薬品が存在します。
同じくタダラフィルを主成分としたPDE5阻害薬での自然勃起で、基本的な効果はほぼ同じと考えて良いです。
圧倒的な持続時間とゆるやかに続く効果は、ジェネリックとなっても健在です。

服用方法もシアリスと同じで、性交との兼ね合いと持続時間の計算もシアリスを使用する場合と同じように10mgで24時間から30時間のままで計算すると良いです。
ジェネリックの場合は10mgと20mgの2種類の錠剤があります。
シアリスにはある5mg錠はないので、その単位で使用したい場合は自身でカットする必要があります。

タダラフィルが主成分なので、それに伴う代表的な消化不良や頭痛といった副作用ももちろん同じです。
グレープフルーツのフラノクマリンによる分解阻害の影響も受けるので、服用する際に気をつけなければならない点はシアリスと変わりません。
併用してはいけない薬も同じです。

シアリスとジェネリックの大きな違いは、認可されているかどうかという点と価格の差です。
ジェネリックの場合は日本では認可されていないため、安心感という方向から見るとシアリスに軍配が上がります。
しかし価格面ではジェネリックの方が数分の1になるため非常に経済的です。
しかしジェネリックにはその価格に見合うだけのリスクが存在し、完全自己責任で個人輸入するか、あるいは実績のある輸入代行に依頼する必要があります。
こちらの薬の通販オンラインで、早漏にも効果があるスーパータダライズは通販で購入できるので、リンク先もチェックしてみてください。

正規の看板を持つシアリスを選択するか、少しでも安い方をとジェネリックを選ぶかの違いです。
しかし稀に効果の面で両者に違いを感じる人もいるので、両方を比較してみて自身に合うと感じることを決め手にしても良いでしょう。