勃起強度で選びたいならレビトラかそのジェネリック

勃起強度で選びたいならレビトラかそのジェネリック

日本国内では3種類のED治療薬が認可されていますが、レビトラは2番目で、2004年に正式に認可されており、他のED治療薬と同様に病院処方が基本となっています。
レビトラの最大の特徴は即効性であり、服用から20分程度で効果を実感することができます。
さらに勃起強度にも定評があることから、多くのユーザーが利用しています。

レビトラの即効性の秘密は、有効成分であるバルデナフィルの特性にあります。
バルデナフィルは、他のED治療薬の有効成分と同様に、PDE5と呼ばれる酵素の分泌を阻止することで、血管拡張作用を高めます。
しかし、水に溶けやすいことから短時間で体内に吸収され最高血中濃度に達することができます。
また、即効性の高さは、短時間のうちに陰茎部に血液を流し込むことにもつながります。
一般的に勃起時の陰茎部の硬さはリンゴ並みが最適とされていますが、レビトラであれば十分に実感することができます。

レビトラの価格相場は1錠あたり1,500円から2,000円と決して安価ではありませんので、ジェネリック品を求める人も多数いますが、日本では特許期間が有効であることから販売には至っていません。
しかしながら、特許の考え方は国によって異なり、インドにおいては「成分」「製法」のそれぞれに特許が存在しており、レビトラの場合だと成分に関する特許期間は過ぎています。
したがって、インドでは「ビリトラ」「ジマトラ」「バリフ」といったレビトラのジェネリック品が多数販売されています。

これらのジェネリック品は、製法は異なるもののバルデナフィルを使用した正規の医薬品です。
なので安全面は当然として効果・効能、また、副作用の症状や発生率、併用禁忌薬について大きく異なるものではありませんので、用法や使用上の注意点を遵守することで安心して服用することができます。
したがって、勃起強度で選ぶのであればレビトラか、もしくはそのジェネリック品が最適です。

レビトラを最大限活用するためには

レビトラやそのジェネリック医薬品であるビリトラ、ジマトラ、バリフは速効性に優れ、勃起強度の点でも他のED治療薬を圧倒していることから多数のリピーターに支持されています。
有効成分であるバルデナフィルは水溶性の高い特性を持っていることで知られています。
そのため、レビトラを服用すると素早く体内に吸収されることから、20分から30分程度で効果を実感し、40分程度でバルデナフィルが最高血中濃度に達します。

また、レビトラやそのジェネリック品の特徴として、食事の影響を比較的受けにくいことがあげられます。
総エネルギー量でいえば700kcal未満であるとともに、その脂質成分が総エネルギー量の30%までが目安となります。
つまり、サンドイッチやナポリタン、カレーライスといった軽食類であれば、食後にレビトラを服用しても効果が半減することはありません。

なお、アルコールにはリラックス効果があることから適量であれば問題ありませんが、大量に摂取すると脳への伝達作用が鈍ってきます。
性的な刺激に脳が反応せず勃起しないことがありますから、あくまでも適量よりも少なめに留めておくことが無難です。

これらの特徴を踏まえ、レビトラを最大限に活用するためには、食事は少なめにしてアルコールは適量を摂取すると、適度にリラックスすることができます。
なお、服用のタイミングとしては、最高血中濃度に達する時間から逆算して、性行為の1時間前を目途とします。
したがって、パートナーとは性行為の2時間程度前から軽い食事とお酒を楽しみ、一段落したところでレビトラを服用すれば、性的刺激に対して、レビトラの効果が最大限に発揮され、勃起強度が最高潮に達することが期待できます。