バイアグラを飲むならシルデナフィルを知る

バイアグラを飲むならシルデナフィルを知る

ED治療薬バイアグラの有効成分は、PDE5阻害薬のシルデナフィルという医薬品です。
バイアグラ、そして有効成分のシルデナフィルについて知るためには、まずは男性の勃起現象の仕組みについて正しく理解する必要があります。

男性が性的に刺激を受けたりして興奮状態になると、まず最初に体内に発生するのが一酸化窒素です。
一酸化窒素の生成によって、神経伝達が起こって血管拡張物質のcGMPが大量に作られます。
この血管拡張物質cGMPにより陰茎海綿体内を通る太い動脈血管が拡張し、動脈血管への血流量が急激に増加して圧がかかり勃起現象が起こります。

そして、勃起現象が終息する時には元々体内にある酵素の一種が作用します。
この体内酵素がPDE5型酵素です。
PDE5型酵素は、一酸化窒素に誘発されて生成された血管拡張物質cGMPを破壊する作用を持ちます。
よって、PDE5型酵素が働くことで陰茎海綿体内の動脈血管が収縮し、血液量が減少するため勃起が終わるのです。

ED治療薬のバイアグラには、有効成分としてPDE5阻害薬のシルデナフィルが配合されています。
PDE5阻害薬というのは、PDE5型酵素の作用をブロックする働きをする医薬品です。
バイアグラを服用することで、体内酵素のPDE5型酵素の作用が遮断されます。
その結果、血管拡張物質が破壊されることがないので、陰茎海綿体内の動脈血管の拡張と血流が維持され、勃起現象が持続します。
これがED治療薬バイアグラの有効成分としてのシルデナフィルの作用機序です。

このように、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは勃起の仕組みに沿って作用するように開発されています。
バイアグラは、媚薬の類とは根本的に異なる医薬品です。
バイアグラを服用しても、性的な刺激や興奮とは無関係にシルデナフィルの効果が持続する間ずっと勃起が続くわけではありません。
あくまで、性的興奮が起き一酸化窒素が発生して血管拡張物質が生成された時に、PDE5型酵素の作用を遮って血管拡張を維持することで勃起の持続をサポートします。

シルデナフィルの副作用

シルデナフィルの副作用はいくつかあり服用すると全身の血流や血の巡りが良くなり過ぎたり、全身が充血するなどがあげられます。
勃起するだけなら良いのですが局部だけに効果を与えるのは難しく、全身にその効果が出現する可能性が高いです。

これが副作用として身体に感じられるわけで例えば顔のほてりや紅潮などを感じる人は多く、中には鼻粘膜なども充血することから鼻詰まりが生じるでしょう。
症状が少ないものでは消化不良などがありこれも消化管の血流などが良くなり過ぎたためで、結果として消化管などの動きが亢進したと考えられます。
他には片頭痛といった頭痛を自覚する人もいて、シルデナフィルに関係なく性行為中に頭痛を誘発しやすいとされています。

症状のすべてがシルデナフィルの副作用とは言えませんが、鎮痛薬や頭痛薬などが効果的とされていて頭痛薬と併用している人も多くいるでしょう。
シルデナフィルの作用機序に関して、勃起に重要な役割を働く陰茎海綿体内に分布するホスホジエステラーゼ(PDE5)5型の分解酵素の働きを抑制することが可能です。

勃起は海綿体洞内にある血管が充血し海綿体平滑筋に一酸化窒素を神経伝達物質とする「NO神経」が分布されます。
性的刺激によって「NO」を遊離し「NO」は平滑筋細胞においてグアニル酸シクラーゼを活性化しcGMPを増加し平滑筋が弛緩します。
cGMPはPDE5によって分解し細胞内濃度が調節され、バイアグラなどはPDE5阻害薬としてPDE5を抑制しNO神経により増加したcGMP分解を妨げることから細胞内濃度を増加します。
結果的に海綿体平滑筋は弛緩し海綿体に血流が流れ勃起が持続する仕組みです。
副作用に注意しながら服用することをおすすめします。