なんと!女性のためのラブグラがある

なんと!女性のためのラブグラがある

性欲減退や不感症、膣の潤い不足など、性行為の際の問題は恋人間あるいは夫婦間などにおいて、良好な男女関係に亀裂を及ぼす原因になる可能性があります。
性的な悩みや症状が女性側にある場合、それを改善する効果が期待できる薬としてフリバンセリンやらラブグラがあります。
どちらも性行為に関する症状に使用するものになりますが、服用方法やその成分が働きかける場所が違います。

性欲減退の改善は、脳に働きかけるフリバンセリンを毎日服用します。
一方ラブグラは、女性用バイアグラと言われるように女性器周辺の血管拡張効果があり、感度をアップさせるので「イケない」「濡れない」「感じない」という悩みの解消に効果が期待できます。
こちらは、性行為の30分前から1時間前に服用します。
つまり、性行為時の体の反応についてはラブグラが適しています。

性行為時に膣の潤いが不足している際は潤滑剤の利用も選択肢にありますが、濡れない原因に「感じない」という事が根本にある場合には、ラブグラが推薦されます。
女性器の周辺の血管拡張効果により、血流が良くなるので敏感になりますので濡れるようになります。

では、ラブグラはどこで購入出来るかというと、日本では販売されていないので個人輸入をする事になります。
ネットで購入が可能ですが、半数以上が偽物と言われていますので注意が必要です。
ラブグラの有効成分シルデナフィルが入っていないばかりか、シンナーが含まれているなどの危険なものも珍しくはありません。

偽物を誤って購入しないためには、まず製造元のアジャンタファーマ社のあるインドから発送されるものである事を確認します。
東南アジアからのものはほとんど偽物です。
また、特定商取引の表示、会社概要や電話番号の記載がされているということも大切なポイントです。
そして、いくら安くても購入しないというとです。

ラブグラは、性行為の悩みの解決に効果的であると人気のお薬ですが、用法や用量を守らないと人体に悪影響を及ぼす可能性があるものです。
また、鼻づまりや動悸、目眩などの副作用の可能性もあるので、自身の体との相性が良い場合にのみ利用するようにしましょう。

不感症にはフリバンセリンを使おう

女性が性行為を楽しめない理由にイケない、感じないなどの不感症であることがあげられますが、濡れないことは痛みを伴うことも多く楽しめるどころか性行為を苦痛にしてしまいます。
それでも夫婦や恋人との仲を良い状態に保つために我慢しているという女性は少なくありません。

濡れないという症状を改善するためには潤滑剤の利用も検討されますが、不感症になる原因には体質によるところもあり、膣分泌液が少ない人は濡れにくい傾向にあります。
性行為の際は性的な興奮により女性器周辺の血流も良くなり膣分泌液も出やすくなりますので、性行為がよりスムーズになります。
不感症を改善するためには血行を改善することも大事ですので、女性用バイアグラと呼ばれるラブグラの活用は良い効果が期待できます。
ラブグラは有効成分がシルデナフィルとなっており、血管拡張に役立ちますので膣の分泌液を増やすことが期待できますので、性行為による痛みを軽減することにつながります。
そしてラブグラは性欲を高める効果や催淫作用があるような薬ではありませんが、血流が良くなることで感度が良くなり、より性行為を楽しめるということでも人気となっています。
フリバンセリンもまた女性用バイアグラとして注目されている薬ですが、ラブグラのように血管拡張をするタイプの薬とは違い、ドーパミンの伝達と分泌を向上させることで性的な欲求の刺激に役立つタイプの薬です。

女性が性行為に積極的になれない原因には性的な欲求がなくなるということも挙げられますが、フリバンセリンは体ではなく、直接脳に働きかけることができますので、性行為をしたいという欲求を高めるのに役立ちます。
そして性欲を高めることは膣分泌液が多く出るということにもつながりますので、性行為がスムーズになるという効果も期待できます。