バイアグラは世界初のED治療薬です。
知名度が高く世界中に多くの愛用者が存在します。
バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルは即効性があり、空腹時に服用すれば約30分で効果が現れます。
服用後1時間ほどで血中濃度が最大となるので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
またシルデナフィルは食事の影響を受けやすいため、空腹時に服用します。
正しい使用方法を守れば、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。

EDの原因と影響

男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素濃度が上昇し血管が拡張されます。
さらにサイクリックGMPという物質が血液中に放出され、平滑筋が弛緩して海綿体に血液が流入しペニスが勃起します。
サイクリックGMPは天然の血管拡張剤です。
射精が終わるとPDE5と呼ばれる酵素がサイクリックGMPを破壊します。
サイクリックGMPが減少すると平滑筋が緊張して海綿体への血流が減り、勃起が終了する仕組みです。

EDの原因には機能性、器質性、混在性、薬剤性などが存在します。
機能性EDは心理的・精神的な問題が原因となって起こります。
ストレスなどが原因となる場合は心因性ED、過去のトラウマなどが原因となる場合は精神病性EDと呼ばれます。
器質性EDは血管や神経、内分泌の問題や外傷などが原因となって起こります。
混在性EDは機能性EDと器質性EDの両方が混在しています。
薬剤性EDは抗うつ剤や降圧剤などの薬剤が原因となって発症します。

EDの治療方法

EDの治療は原因ごとに対処法が異なりますが、精神的・肉体的な原因からPDE5が過剰に分泌されサイクリックGMPが減少しているという点は同様です。
精神病性EDを根本的に解決するには、精神疾患の治療が必要とされます。
器質性EDの場合には血管や神経など問題のある部分によって対処法が異なります。
薬剤性EDは薬剤の使用を中止したり量を減らすことで対処できますが、他の病気を並行して治療する場合には医師への相談が必要です。

バイアグラは心因性や器質性、混在性のED治療に使用されます。
有効成分のシルデナフィルがPDE5の働きを阻害し、サイクリックGMPが増えペニスが勃起しやすくなります。
勃起不全の治療薬は基本的にPDE5の働きを阻害する効果がありますが、バイアグラは特に即効性が大きな特徴です。
また世界初のED治療薬で信頼性が高いため、世界中に多数の愛用者が存在します。
バイアグラは有名なだけでなく、多くの患者が勃起不全の治療に使用してきた実績があります。

勃起不全には様々な原因があり、それぞれに正しく対処することが重要です。
心因性や器質性の勃起不全にはバイアグラが効果的ですが、器質性の場合は血管や神経など問題のある場所によって対処法が異なります。
勃起不全を適切に治療するためには、原因を明確にすることが求められます。

バイアグラの効果!

バイアグラは世界で最初に開発された有名なED治療薬です。
有効成分としてシルデナフィルが含まれており即効性があります。
食事の影響を受けやすいので、空腹時に服用するのが基本的な使用方法です。
空腹時に服用すれば約30分でペニスが勃起し始めます。
血中濃度は服用後約1時間で最大となるので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
少量であればアルコールで服用しても問題はありません。

アルコールには気分をリラックスさせる効果があります。
心因性EDは日常的なストレスが原因となって発症します。
勃起不全と精神状態は非常に深い関係があるので、治療にはリラックスすることが重要です。
少量のアルコールは気分をリラックスさせてバイアグラの効果を助けます。
ただしバイアグラは血管を拡張する効果があるので、服用後は酔いが回りやすくなります。
服用後にアルコールを摂取すると酩酊状態となるため、飲酒を控えます。

バイアグラを少量のアルコールで服用する場合は問題ありませんが、過度のアルコールを摂取すると酩酊状態を招き性行為が困難となります。
アルコールで服用する場合は量に気をつけることが必要です。
バイアグラは食事の影響を受けやすいので空腹時に服用します。
食後に服用する場合は、消化するまで2時間ほど待つ必要があります。
中華料理やフランス料理など脂肪分の多い食事を摂取した場合には、6時間から7時間ほど間隔を置きます。

バイアグラの服用前に食事を摂る場合は、なるべく脂肪分が少ないものを選択し量も腹6分目ほどに抑えます。
中華料理などを食べた場合には、食後2時間経過しても胃や腸に脂肪分が残っています。
シルデナフィルは脂肪分に取り込まれると便になって排出され、効果が半減することがあります。
食事の量と脂肪分を少なくすることで、バイアグラの効果を高めることができます。

バイアグラは有効成分のシルデナフィルがPDE5の働きを阻害し、サイクリックGMPを増やしてペニスを勃起させます。
即効性があるので正しい使用方法を守れば短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
一方即効性があることから、めまいなどの副作用も現れやすいのが特徴です。
副作用にはめまいや頭痛、ほてり、消化不良などがあり服用した患者の9割以上に現れます。
ただし副作用の症状は基本的に軽いため問題はありません。

バイアグラのジェネリックを紹介!

バイアグラには国産と海外産のジェネリック医薬品があります。
日本国内では25mgと50mgのバイアグラが承認されています。
100mgの錠剤も存在しますが、日本国内では未承認です。
病院で処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、25mgが約1300円で50mgは約1500円になります。
その他にも診察料などが必要です。
国産のジェネリック医薬品は50mgの錠剤で、1錠あたりの価格は約1000円とされます。
海外産のジェネリック医薬品は主にインドで製造されており、価格が非常に安いのが特徴です。

カマグラはインドの製薬会社が製造・販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルなので、同一の効果効能があります。
カマグラには錠剤タイプや発泡錠タイプ、チュアブルタイプ、ゼリータイプなど様々な種類が存在します。
インドでは製法特許のみが認められており成分特許が認められていないので、製法を変更すればシルデナフィルを含むジェネリック医薬品を自由に製造できます。

カマグラゴールドはカマグラの錠剤タイプで、海外に輸出される製品の名称です。
インド国内ではカマグラの名称で販売されています。
カマグラとカマグラゴールドは名称が違いますが、成分や効果効能は同じです。
インド製のジェネリック医薬品は日本国内で未承認なので、カマグラゴールドを使用するには個人輸入が必要となります。
未承認の医薬品の輸入・販売は法律で禁止されていますが、個人的に輸入する場合は合法です。

インターネット上には、カマグラゴールドなどジェネリック医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが存在します。
未承認の医薬品の個人輸入は合法ですが、個人輸入手続の代行も合法とされています。
通販サイトで手続を依頼すれば、誰でも簡単に海外から医薬品を輸入できます。
カマグラゴールドは50mgと100mgの錠剤が販売されており、1錠あたりの価格はいずれも約460円です。
通販サイトではカマグラゴールドをまとめ買いすると、価格を安くできます。

病院でバイアグラや国産ジェネリック医薬品を処方してもらう場合と比較して、海外から安価なジェネリック医薬品を個人輸入すれば費用が大幅に下がります。
通販サイトでは、バイアグラの100mgも1錠あたり約1450円で個人輸入できます。
カマグラなどインド製ジェネリック医薬品は、インド政府から許可を受けて製造されているので安全性が高く人気があります。